プレドニン錠5mg 突発性難聴 効能効果

プレドニン錠5mgの突発性難聴への効能効果

スポンサーリンク

プレドニン錠5mgで必ずしも効果があるかと言うと必ずしもあるとは言えません。
しかし、その他に効き目のある薬がなくそのプレドニン錠を使用することが多いということです。
早めなら早めなほど、その治療法は効果が高く突発性難聴にも効能効果があります。
病院で医師から処方された物がもっとも効能があると思われます。
遅ければ遅いほど、薬の効果は効かなくなり耳が聞こえなくなったりします。
今のところ、有効な薬とはプレドニン錠5mgのことです。
その他の治療法・治療薬が見当たっていません。
治療が早いほど突発性難聴には効能効果があります。
治る保証はありませんが、今のところその他に有効な治療法はありません。
医師ではない一般の方にできる予防・治療方法といったら、できるだけ難聴にならない努力がもっとも大切で必要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

しかし、少量のプレドニン錠で短期間の使用なら全く副作用の心配はいりませんが、長期間・大量の使用となると様々な副作用の心配が出ます。
重い副作用の中には重い感染症、喉の痛み、咳や痰、倦怠感、下痢、息苦しさ、皮膚の発赤、水ぶくれ、できものがあります。
他にも意識が薄れる、鬱症状、骨粗鬆症など多くの症状があります。
体に悪いと言われているのはそのような症状が副作用で出るためです。
少量で短期間ならまったくその心配は必要ないのですが、長期間の投与になると医師の判断が大切です。
くれぐれも自己判断でステロイド剤や抗生物質は多用しないようにしたいところです。
プレドニン錠もステロイド剤の一種ですので、続けて使用する場合には病院で医師や薬剤師の指示に従い正しい治療を受ける覚悟が必要になるでしょう。
病院へはなるべく早めに行きましょう。

スポンサーリンク