突発性難聴 ステロイド 服用期間

突発性難聴の治療に使うステロイドの服用期間

スポンサーリンク

突発性難聴を患った場合には、症状をみながら投薬または点滴で治療することになります。
その時使用される治療薬の種類は、その医療機関によって若干の違いがあります。
治療薬の種類には、他にも降圧剤や利尿剤を使用したりします。
それ以外にも高神経ビタミン製剤で患部の血流を良くする治療法をとることもあります。
これらの薬は、病気の原因とされる物によって使い分けています。
ウイルス感染が疑われる場合はステロイドを処方し、内耳の血液循環が原因とされる場合はその他の治療薬を使用することになります。
しかし実際は病気の原因の特定が難しいため、これらの薬を複合的に与える医師も多いようです。
これらは同時に服用しても相反する作用がでないため、服用に際しては特に心配する必要はありません。
しかしステロイドについては、作用が強力なこともあり服用に抵抗を感じる場合もあるようです。
しかし治療効果が高いため、医師から処方を受けた時は迷わず使うのをすすめます。

スポンサーリンク

突発性難聴でステロイド治療をする場合は、服用期間に注意しながら使って行きます。
ステロイドは副作用の危険から、取り扱いにおいて特に注意が必要とされている薬の一つです。
そのため薬の効果が弱いからといって、処方されたよりも多くの量を使用したりといったことはしてはいけません。
もし適用量より多く服用した場合は、深刻な健康被害などがおこることもあるので注意が必要です。
突発性難聴でのステロイドの服用期間は、おおよそ二週間が目安とされています。
これは治療を開始して回復するまでの期間が、だいたいこのくらいということからきています。
それを境目にして、少しずつ薬を減らしながら投薬を終了していくことになります。
この間に聴力の回復が見込めない場合は、そこまでということになります。
この薬を服用する期間は副作用の問題もあり、あまり長期間使用することはありません。
服用期間の健康状態などが心配な場合は、別途医師と相談して検査しながら治療を受けることも考えておくべきでしょう。

スポンサーリンク