突発性難聴 薬 種類 治療

突発性難聴に効く薬の種類と治療法

スポンサーリンク

突然耳が聞こえなくなったり、何か物が入って塞がったような症状になると、突発性難聴と診断されることがあります。
この症状は直接的な原因がわからずして起こるために精神的不安が大きい病気といえます。
最近では大音量で音楽を聞いたり、長時間大きな音がする環境にいる場合、外傷性難聴や騒音性難聴と呼ばれ慢性的な難聴や耳鳴りに悩まされることもあります。
難聴は外傷性のものや老人性のもののように原因がわかっていても人によってなかなか改善しにくい病気です。
特に突発性難聴はさまざまな種類の病因があるために早期に治療を開始する必要があります。
あまりに治療に時間が掛かりすぎると回復することが難しくなることもあります。
突発性難聴ではと感じた時には、安静と早期の治療が重要です。
仕事を優先させたり、疲れているだけと自分の体の状態を過信せず、耳鼻咽喉科にて治療を開始しましょう。

スポンサーリンク

難聴が起こると、耳鼻咽喉科では聴力検査によりどちらの耳がどのくらい聞こえにくいかオージオグラムを作成して確認します。
難聴が確認できるとレントゲンなどの画像検査により、内耳周辺に腫瘍ができていないか確認します。
聴神経腫瘍はできる場所により他の器官を圧迫して難聴だけでなく脳への障害やバランス感覚が欠如したり、顔面神経に影響を与えます。
治療には薬物療法を中心に行います。
内耳周辺に腫瘍がなくても周辺に流れる血液やリンパ液の流れに不具合が起こると難聴が起こることがあります。
血液循環薬や血管拡張剤、ステロイドやビタミンBなどさまざまな種類の薬を投与して難聴の原因を解明していきます。
聴神経腫瘍が原因の場合、場所によっては摘出手術を行ったり、放射線治療と併用して腫瘍を小さくしていきます。
腫瘍は良性のものが多く、進行の度合いもさまざまです。
高齢になるとあまり大きくならないこともあるため、専門医と相談しながら治療を行いましょう。

スポンサーリンク