突発性難聴 症状 両耳

突発性難聴の症状と両耳について

スポンサーリンク

耳の病気として突発性難聴というものがあります。
これは急に何の前触れもなく耳が聞こえなくなる病気となっています。
したがって原因や病態に関してはまだわからないことがたくさんあります。
感音難聴と呼ばれることもあります。
基本的に治療をすることが難しくなっていますが、正確に診断をすることとできるだけ早い治療を受けることが大切です。
これによって治療をすることが可能となります。
少し前までは40歳代から50歳代の人に多く見られるようになっていましたが、最近では10代や20代という若い人でも増加傾向にあります。
なぜこのような症状が現れるのかというと、突発性難聴の原因は内耳に障害が生じる感音難聴が基本となっています。
実際に病院ではどのような検査が行われているのかというと、問診を詳しく行った後に耳の視診検査が行われています。

スポンサーリンク

突発性難聴の場合両耳が聞こえにくくなると考えている人がいますが、片方の耳の感音難聴が特定されるようになっています。
したがって両耳に症状が現れると言うことはあまりありません。
このほかに見られる症状としては、外耳道に閉塞がないということと鼓膜に異常が認められないと言うことになります。
突発性難聴と似たような耳の病気もあります。
それは両耳に発症しそれが進行するという特発性両側性感音難聴があります。
病院で行われている突発性難聴の診断基準は次のようになっています。
まず突然の難聴があるということです。
朝目が覚めて難聴に気がつくこともあります。
このほかに高度な感音難聴もあります。
原因が明らかではなくそのほかに副症状が見られることです。
耳鳴りやめまい、このほかに吐き気や嘔吐などの症状が見られます。
治療の際に必ず入院しなければいけないと言うことはありません。

スポンサーリンク