突発性難聴 症状 痛み 原因

突発性難聴の症状の痛みの原因と治療法

スポンサーリンク

直接的な原因がわからずに突然起こる難聴を突発性難聴と呼ばれています。
症状は難聴だけでなく、耳鳴りや耳がこもったような閉塞感、状況によってめまいや吐き気を伴うことがあります。
あまりにも予期せずして起こるので身体的痛みよりも精神的な痛みを感じる場合が多く、抗不安薬を併用した治療を行うこともあります。
突発性難聴はまだ全貌を解明できていない病気ですが、主な原因に内耳周辺に流れる血液の不具合だったり、内耳の中のリンパ液が漏れだす内耳窓破裂が原因と考えられています。
また、ウィルス感染によるものだったり、内耳から脳へ繋がる聴神経に腫瘍ができ、周辺の器官を圧迫することで難聴が起きる事もあります。
さまざまな原因を想定して治療を行うため、症状に気が付いたら早期に耳鼻咽喉科へ受診して、最優先で治療を開始しましょう。

スポンサーリンク

突発性難聴の治療方法に、内耳周辺の血流改善のために内耳循環改善薬や血管拡張剤を使用した薬物療法を行います。
ウィルス感染の場合には抗ウィルス薬が効果的で、ビタミンB剤やステロイドと共に内服したり点滴したりします。
早期に治療を行うことで難聴が回復することがありますが、治療が遅れると耳鳴りが残ってしまったり、一度治っても再発する人もいます。
日頃から慢性的な睡眠不足や偏った食生活など、負担の掛かる生活習慣が続いたり、職場での人間関係などストレスの掛かりやすい環境にいると、再発の恐れがあります。
このような状態で風邪をひいたり体調を崩すと突発性難聴を引き起こすきっかけとなる場合があり、日頃から予防をすることも大切です。
また、大音量で音楽を聴いていたり、かなり大きな音の中で長時間すごさなければならない人は注意が必要です。
耳栓を使用するなどケアをしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク