突発性難聴 繰り返す 原因 治療法

突発性難聴を繰り返す原因と治療法

スポンサーリンク

ある日突然に耳の聞こえが悪くなることがあります。
特に原因が見当たらない場合、突発性難聴と考えられます。
40代から50代にかけて多く発症し、雑音が入ったり、耳が詰まった感じになります。
耳鳴りやめまいや吐き気を伴うこともあります。
また子供や高齢者にも発生することがあります。
突発性難聴の原因はハッキリとはわかっていないのですが、ストレスや疲労、内耳の循環不全、ウィルスなどの感染が影響していると考えられています。
特に不規則な日常生活を送り、ストレスの多いライフスタイルの人に多く発症しているのは確かです。
突発性難聴は早めに治療をしないと、聴力が回復しない場合もあるので注意が必要です。
耳鼻咽喉科で診察を受けることになりますが、治療法としてはステロイド薬、ビタミン剤などが使用されます。
また突発性難聴を繰り返す場合は他の疾患の可能性があります。

スポンサーリンク

何度も繰り返す場合に考えられる他の疾患としては、メニエール病の可能性があります。
メニエール病といえばめまいが有名ですが、難聴も発症するのです。
耳鳴りや吐き気なども起こるので、突発性難聴と間違えやすいのです。
ただしメニエール病というのは発作が起こった時には立っていられなくなり、静かに横たわっているしかないのです。
激しいめまいが起こるので、割と判断しやすい病気です。
めまいを何度も繰り返すことによって、難聴が少しずつ悪化していきます。
30代から40代の女性に多い病気で、やせ形で几帳面な性格の人がなりやすいといわれています。
ハッキリした原因はわかっていないのですが、内耳の内リンパ腔が腫れる内リンパ水腫が起こることがわかっています。
治療法としてはこの内リンパ水腫を軽減させるために、利尿剤やビタミン剤などが使用されます。

スポンサーリンク