ストレス性難聴 薬 種類 治療

ストレス性難聴の種類と治療に使われる薬

スポンサーリンク

ストレス性難聴とは、一つの病名がついた病気ではなく、心因性難聴・低音障害型音感難聴・メニエール病などに関与するといった、ストレスが主な原因となっている難聴の事だという事が言えます。
それぞれストレス性難聴の種類に分けて、それらの原因や治療方法について説明していきます。
1つ目の心因性難聴とは、生活環境の中で生まれるストレスが原因となっており、幼児的性格や依存心の高い人といった性格の人や女性に多く見られ、生活環境の中で生まれるストレスから逃れようとしたために起こる、錯覚的な難聴であると言われています。
そのため、治療においても錯覚的な難聴であるので、原因となっているストレスを解消させる事を心がけ、薬を処方する必要はありません。
ストレスを溜めない生活環境を作り、場合によっては、精神科やカウンセリングなどを受診する必要があります。

スポンサーリンク

2つ目の低音障害型音感難聴とは、耳の中にある蝸牛と呼ばれる部分に発症する難聴であり、20〜40代の女性に多く見られます。
ストレスが原因だと言われていますが、はっきりした原因は分かっていません。
症状としては低音の耳鳴りや急に低音が聞こえなくなったり、耳の詰まった感覚があります。
耳鼻咽喉科での早期治療を受ける事が大切です。
ビタミン剤・脳循環改善剤・利尿剤・ステロイドホルモン剤などの4種類の薬が治療に使われます。
メニエール病とは、内耳の病気であり、めまいを繰り返すといった症状に難聴や耳鳴りを伴うといった特徴があります。
内耳を満たしている内リンパ液が過剰に増える事によって、内リンパ水腫に変化するといった事が原因でおこります。
軽度の症状であれば飲み薬で対処し、症状が重くなると、注射や点滴をします。
更に再発を予防するために利尿剤を使って治療を行います。

スポンサーリンク