メニエール病 薬 イソバイド

メニエール病に効く薬イソバイド

スポンサーリンク

何だか目まいがして、ザーザーと低い耳鳴りを感じたら、それはメニエール病かもしれません。
比較的若い年齢層に多い病気で、突然の回転性の目まいや耳鳴りなどが起こります。
突然発症し、こうした症状をくり返しながら、悪化していくことが特徴です。
 原因としては強いストレスや睡眠不足、几帳面で責任感の強い性格などが考えられていますが、はっきりとしたことは分かっていません。
発作を繰り返すことで、仕事や日常生活に支障をきたすことも多く、厄介な一面があります。
 しかし、メニエール病は投薬や生活指導によって、治る病気です。
低い音の耳鳴りを感じたり、目まいに襲われたりしたら、クリニックを受診して、メニエール病であるかどうかを検査してもらいましょう。
 たかが耳鳴りと放っておかず、適切な受診で症状を改善し、快適な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

 メニエール病はなぜ起こるのでしょうか。
実は、私たちの内耳にはリンパが通っていますが、そこに水が溜まって、一種の水膨れのような状態になってしまう、と考えられています。
内耳には平衡感覚を司る器官や音を聞き取る機能がありますから、それで目まいや耳鳴りが起こってしまう、というわけです。
 メニエール病にかかるとイソバイドというお薬を処方されることが多いのですが、このイソバイドには利尿作用があります。
内耳に過剰に溜まった水分を血液中に排出して、水膨れ状態を改善することで、内耳を正常な状態に戻そう、というのがこの薬の役割なのです。
 この他にも、ストレスをためないような心理的な治療や、疲れをためないよう生活指導などを合わせて行うことで、症状の改善を図ります。
イソバイドの服用とこれらの治療で、ほとんどの方は回復していきます。
 耳鳴りや目まいの発作が起きても慌てずに、困った時のイソバイド、です。

スポンサーリンク