メニエール病 薬 種類

メニエール病に使われる薬の種類

スポンサーリンク

メニエール病とは、ストレスや疲労の蓄積・睡眠不足・気圧の変化・几帳面な性格などが原因となって起こるとされる病気です。
メニエール病は、内耳の中にあるリンパ液が過剰になる事によって、内リンパ水腫が出来る事で起こると言われています。
主な症状としては、繰り返すめまいに耳鳴りや難聴や耳の詰まりを伴うと言われています。
この病気の大きな特徴はめまいを何度も繰り返す事です。
メニエール病の原因は、ストレス性や生活習慣によるものであるため、治療はストレスの軽減や生活習慣などを改善させる事が根本的な治療法てあると言えます。
メニエール病に効果のある食事療法としては、栄養バランスの良い食事を心がける事や、食物繊維・アミノ酸・ビタミン・ポリフェノールなどの栄養素を多く含む食品を積極的に取り入れると良いと言われています。

スポンサーリンク

メニエール病の治療に使われる治療薬の種類を説明します。
原因となっているものは、ストレス性のものや生活習慣によるものであるため、根本的な治療とは違うのですが、症状を抑えるために薬物療法が治療として使われています。
脳の血流を良くするためのや、鎮痛剤を使う事もあります。
乗り物酔いの薬を飲む事によって、吐き気やめまいなどの症状を和らげてくれると言われています。
また、この乗り物酔いの薬は抗ヒスタミン剤という種類のものであるため、前兆や吐き気を抑える効果があります。
これは、内服用の他にも注射製剤もあります。
血流を良くするとされる炭酸水素ナトリウムや、不安を和らげてくれる鎮痛剤なども使われます。
発作を予防するために使われる種類としては、利尿剤や循環改善剤やビタミン剤などが使われ、自律神経を安定させる薬や精神安定剤などが使われる事もあります。

スポンサーリンク