メニエール病 診断書 休養

メニエール病で休養をする場合の診断書

スポンサーリンク

メニエール病とは基本的に男性より女性に多い症状となっており、病気を発症することで一時的に仕事を休養しなければいけないことがあります。
その場合において診断書の提出が必要になることがありますが、その内容について説明をしていきます。
基本的にきちんとクリニックや病院を受診していれば、診察時にお願いすることによって書類を発行してくれることが多いです。
診断書とは主に診察を行った医師が作成することが多いですが、注意点として患者がお願いをしないと書いてくれないことです。
そのため通常のメニエール病の診療においては、普通に症状を確認して薬が処方されるという流れになっています。
なので会社提出用に書類作成をして欲しい時には、診察時に医師にお願いをする必要があります。
こういった工夫をしなければならないので、必ず無条件で発行してくれるというわけではないです。

スポンサーリンク

耳鼻科という診療科でメニエール病の診察や治療を行っており、そこに数週間から数ヶ月ほど通院することで完治することが多いです。
ですが会社の休養または休職する場合においては、耳鼻科で診断書というものを作成してもらう必要があります。
基本的に医師にお願いをすれば作成してもらえますが、注意点として診断書の作成費用というものが発生します。
これは通常の診察代や薬の処方代とは別途となっており、平均して5千円くらいの費用がかかることが多いです。
保険適用外の内容となっているので、割引などについては適用されないことが注意点となります。
またメニエール病の治療費以上にかかることが多いため、耳鼻科に来院する時は1万円前後用意しておくと良いです。
なお診断書の作成期間については、基本的に数分から10分ほどで完了することが多くなっています。

スポンサーリンク