朝 耳鳴り 原因 治療

朝、耳鳴りが生じる原因と治療

スポンサーリンク

朝、目を覚ますと原因不明の耳鳴りが生じていることがあります。
耳鳴りの他に塞がったような閉塞感や難聴が生じていると、突発性難聴が起きている場合があります。
コンサートやパチンコ店など大きな音量の中に長時間いると音響外傷性難聴になることがありますが、安静と共に回復していくのに対し、突発性難聴は原因が特定しにくく、早急の治療が必要になります。
内耳がウィルスに感染したり、内耳周辺の血液の流れが悪くなることで起こることもあります。
ウィルスには抗ウィルス薬が効果的ですが、内耳の血流を良くするためには循環改善薬や血管拡張剤を使用し治療を行います。
朝、発症してから遅くても一週間以内に治療を開始しないと難聴や耳鳴りが残ってしまうことがあります。
原因が特定できない現状では早期にさまざまな治療を施す必要があります。

スポンサーリンク

原因の一つに、内耳から聴神経を通じて脳へ伝える部位に腫瘍ができ、周辺の器官を圧迫して耳の不調が起こっている場合があります。
聴神経腫瘍はほとんどの場合良性の腫瘍が多く、他の部位に転移することはありませんが、腫瘍の位置や大きさによっては脳を圧迫し、耳鳴りだけでなく脳の障害が生じる事があります。
腫瘍が疑われる場合にはMRIやCTなどの画像検査にて場所や大きさを確認し、状況によって手術が必要になります。
摘出手術は周辺に器官が密集しているために場所によっては摘出できないこともあります。
そんな際には放射線治療と併用して行います。
放射線での治療は腫瘍が大きくなるのを防ぐことはできても消失することはできません。
耳鳴りは周辺器官の三半規管や顔面神経からの影響もあります。
バランス感覚が崩れ、めまいを生じさせるメニエール病や、顔面のしびれやこわばりが生じる際にも発症することがあるため、原因を早期に確認しましょう。

スポンサーリンク