耳鳴り 治療 止まらない 原因 解消法

耳鳴り治療.net 止まらない原因と解消法

スポンサーリンク

あなたは耳鳴りで悩まされたことがありますか?
耳鳴りは、色々な原因で起こります。ここでは止まらない原因と治療・解消法をお伝えしていきたいと思います。
1.難聴が原因の場合
年齢を重ねると内耳の機能が低下し、耳の中で音を捉えることが難しくなっていきます。
これを加齢性難聴と呼ばれています。この加齢性難聴になると、脳は何とかして捉えようとするのですが、そうなると脳の中が一種の興奮状態になるのです。
そうして発生するのが、耳鳴りです。
この内耳の機能は血流が悪くなる40代あたりから始まります。難聴の自覚が本人にはあまり無い場合がほとんどです。
治療法
加齢性難聴には、ビタミンB系のお薬と血流を良くするお薬が処方されます。
そうすることで内耳の血流を良くし、神経の代謝が良くなるので、難聴が改善されるのです。
2.突発性難聴が原因の場合
突然、強い耳鳴りや耳が急激に聞こえなくなったりするのが突発性難聴です。
突発性難聴の場合は、早急に治療を行う必要があります。そうしないと聴力を失う可能性があるからです。
治療は、内耳の血流を良くするために入院する必要があります。そうすることで約70%の患者さんが聴力の回復へと向かいます。
入院期間は、約1周間です。
あくまでも大事なことは、ひどい耳鳴りを感じたら、すぐに耳鼻咽喉科にて診察してもらうことです。

スポンサーリンク

3.聴神経の近くに出来た腫瘍が原因の場合
聴神経の近くに腫瘍が出来ると、それが原因で耳鳴りがすることがあります。
殆どの場合、この腫瘍は良性が多いのですが、放置しておかず、腫瘍の大きさが大きくなっていないかどうか、確認する必要があります。
ですが、手術で腫瘍を取った場合に、まれに聴力を失う場合がありますので、治療については、耳鼻咽喉科のお医者様と念入りに相談してみてください。
4.ストレスが原因の場合
ストレスがあると、脳が一種の興奮状態に置かれるのですが、それが原因で耳鳴りが発生することがあります。
この耳鳴りが原因で、不眠症に陥ったり、寝不足になることもあり、それがまた新たなストレスに繋がる場合もあります。
この場合、耳鼻咽喉科のお医者様と相談されることも大事ですが、何よりも自分のストレスを発散させるべく、ジョギングや体操をすることも大事です。
このサイトでは、耳鳴りについて具体的な症例を挙げ、詳しく説明しています。参考になりますので、ぜひ読んでみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク